カテゴリー「映画・DVD」の記事

チャーリー

チャップリンの自伝の映画版、というものを見ました。
1992年の作品。

いくつかの作品背景・時代背景を知っていれば
より深く楽しめると思います。
大学生時代に、これまた何作品かだけみたことがあるのです
うっすらとしか記憶にないのです。
「独裁者」の大演説には、衝撃を受けたことは覚えていますが
言葉の端々までは覚えていません
もう一度可能な限りの作品を見てみたいと思います。

ライムライト・モダンタイムス、チャップリン作の曲は
美しすぎて儚い
心の一番デリケートな部分に直で触れられるようで辛いぐらい
迫ってきます
時が過ぎても人の心を揺さぶる音楽と映像作品
人間の創作物というエネルギーは、強烈です
Imgb328549fzikfzj


| | コメント (0)

本日、レディースDAY

で。
仕事終わりの奥さんと、お外で待ち合わせ。
無印で夕ご飯を食べてから、先週末公開になった
『ザ・マジックアワー』
を観てきました。

このむちゃくちゃな脚本を演じきる役者たち
素敵です
コメディ映画ですが、しっとり突き刺さる部分もあります
とりあえず2、3回みるたびに新しい発見がありそうな
映画ですので、ご興味ある方は
早々にいきましょー

思い出し笑い・・・とまりません

| | コメント (0)

この夏の歌

先日の映画鑑賞の時。
予告編で「崖の上のポニョ」をやっていたんですが
ほんとにすごい歌です。
この音程、ただものじゃない。
ナウシカの「ラン ランララ ランランラン♪」も宮崎ご子息幼少期でしょうが
こちらも年少者ゆえの歌いっぷり。

音が外れているか外れていないかで言うと
明らかに外れているのですが
これが許せるか許せないかで言うと
許せない(笑)ぎりぎりライン。
そんな音だから、1回で覚えてしまう・・・
ずるいやり方だ~。

この間の「匂いの話」
と同じで、ちょっとずれている音程の方が耳につくし
記憶に刻まれる。
やっぱり当たり障り無いものより、鼻につくモノは印象に残るということか。

うまいことやるなぁ。
気になる方は、ぜひ拝聴されてください

| | コメント (0)

映画

続々つづいていて
スケジュール立てが大変だ

明日はとりあえず『ぐるりのこと
その他に、
もうすぐ終わりそうな、『アフタースクール
西の魔女が死んだ』は原作は何度も読んだけど、みたい気持ちもある
東京では先週の土曜日から始まっているけど大阪では7/19からの
歩いても歩いても
同じ日には、ジブリの『崖の上のポニョ』もあり
9月ぐらいには『グーグーだって猫である


全部、邦画だけど
どれも素敵な空気感が漂う映画です。

| | コメント (0)

わかりにくいものを そのままにうけとる

ようやく『ポニョ』を見に行きました。
じわじわ伝わってくるものがあります。そしてこの作品、好きです。

この作品がそれほど好きでない人も、多いのは事実でしょう。
よくわからないことが随所にあるから。
でも、何もかもを頭と理屈で理解しようと試みるのは
歳をとった”大人”がすることなのでしょう。
知識が増えて、「知っている」ことが増えると
知らないこと、理解できないことに関して不安に思う気持ちが増大します。

実際、毎日を生きていて頭で理解できることなんて
ほんの一握りです。ほとんどはよくわからないこと。
それでも毎日は過ぎていきます。
音楽も映画も、最近はわかりやすいものでないと受け入れられない傾向が
強いけれど、きっとこの作品はどちらかといえば
わかりにくい作品。
けれど、作品中に出てくる子供達の言葉はとても力強いストレートな
言葉ばかり。
その登場人物達が動き回る世界は、柔らかい、今まで見たことがあるようなのに
映画館のスクリーンでは見たことがない背景。一本一本の線が大きいスクリーンで
はっきりと見えたし、人の手が描いた世界が心地よかったです。

言葉も音も、頭で理解できることは、ほんのすこしだけれども
目と耳と感覚は、自分自身の知らないところで
何かを感じ、何かに突き動かされていると思います。
むしろわかりにくい、頭で理解できないことの方に、大切なことがたくさん
つまっている。
そんなことを今映像を思い出しながら思います。

このような作品をリアルタイムで、映画館のスクリーンで見ることができたことを
幸せに思います。

| | コメント (0)

HAPPY !

フライト!

映画見てきました。
内容は伏せますが、緊張しすぎて肩凝った〜
中身はいいですよ。
へぇ〜、こんな裏方の世界もあるのね、という
ある種華々しい飛行機業界を目指すこれからの人に
ガイド映画としてもわかりやすいかも。


晴れたら京都にでも行くかと思いましたが、連休最終日は
あいにくの雨。
でも昨日見た落ち葉は綺麗だった。
今まで、紅葉ってイチョウかモミジしか気にとめてなかったけれど
桜の赤く染まった様子も、すごく綺麗。
燃え上がる色。

Th_img_6100

Th_img_6101

地味だけど新しい発見。

| | コメント (0)

号泣

した。

レッスン生徒さんが映画「おくりびと」の後半でかかる曲を
演奏したいというので、借りてきたDVDで遅ればせながら
観たのですが・・・
音楽のことほとんど忘れて見入った。
静と動の映像。いや、主に「静」だけど、人の感情の波は
これぐらいのトーンの方が、激しく揺さぶられる。
そんな2時間。
よかったです。
命に対して、人に対して、思う気持ちを失いかけたら
観たいと思う映画です。

ちなみに、レッスン生さんが言っていた曲は見あたらず。
ん〜、映画違いじゃないか?

| | コメント (2)

プー

ル。

映画に行ってきました。
奥様も有休を取って、水曜日の映画デーなので
二人とも1000円。
『プール』
女性客多し、こんな平日の昼間なので、当たり前ですがね。

内容は、全2作よりかは現実的。
でも、どこか遠い国でのお話。
主人公(?)の女性に感情移入しっぱなしだったので
肩が凝りましたが、この人のこの演技はいましかできないものだから
すごく新鮮で、これが映像作品として残るのは
よいことだと思います

のほほんとした内容を目当てにして行くと
肩すかしを食らいます
けれど、見終わってから、映画告知のビラ裏面の手紙を読んで
すっきりしました。

DVDでもう一度、家で時の流れを忘れて見たいと思います。

| | コメント (0)