カテゴリー「日記」の記事

涙そうそう

元旦。
田舎への車中、よみたかった映画脚本涙そうそうを読んだ。
歌詞を知っていればどうなるかわかる。
けれど、こんなにも切ない話があるだろうか。
泣いた。
止められない。

映画も見てみたい

| | コメント (0)

いつのまにか

日がのびてますね。
冬至もすぎて20日ぐらいたっているから、当然だけど。
寒くても、知らず知らずのうちに春に向けて小さな一歩。
できることから焦らず同じような歩幅で歩いていこう、か。

| | コメント (0)

入院生活

始まりました。
21時消灯、6時起床。
昨晩は読書とDVD観賞。男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎 でした。明るく綺麗な病院だけど、こんなときの日本映画は癒されます。
昨晩から絶飲絶食。乾いた〜。
12時からの手術後は点滴24時間生活。ご飯が食べたい!

| | コメント (0)

明日には

退院できそうです。
ひたすら寝る毎日。
色々勉強できました。
少しずつ香りもわかってきました。
今朝のサラダは匂いが気に入らなくて残したもん(笑)

はなつまんでたら腐ったシュークリームでも食べられるね。
香りは大切です。

| | コメント (0)

来月は中津です。

このところ集中的に詩をためこんできましたが
来月4月は、中津にある☆印で共同写真展やります。
もうひとかたは、店長のしんごさん。
彼の写真もとても素敵ですが、今回は同じように彼も
自分の写真にいくつか詩をのせて展示する予定です。
というわけで、僕もいくつか新作を加えつつ
挑もうと思っております。
過去の作品はだいたい右の詩集のコーナーにまとめました。
新しく書いた物も随時追加してます。
基本的にネットで見られる物と同じですが
見る環境によって受け取り方が違ったりするので
ぜひぜひお時間ある方は4月3日以降、中津へお越し下さい。

| | コメント (0)

トイレにも

神様がいるんだよ。
だから便器につばを吐きかけては
神様につばを吐くのと一緒
と、母に教わりました。

女性は知らないけど
男子便所で用をたしていると
よく見る光景です。
注意はできないけど、見るたびに
「あ~ぁ」と思います。
つばを吐きたいなら洗面台へ。
用をたすなら便器へ。
本来の勤めだけ果たしてもらえば
心はなえません。
なんとなく今日思ったこと。

なり。

| | コメント (2)

最近になって

人物の写真を撮りたいと強く思うようになってきました。
先日、出会った写真家との思いもありますが。

今までは風景、特に光りの加減に反応してシャッターを切って
来ましたが、どうしても人物というのは敬遠してきました。
恐くて向かえなかったのかも。
今は向き合ってみたい。
でも、なかなかシャッターの前にたってくれる人はいないですね。
自分でも撮ってみますか。
幅、広げたいみたいです。

| | コメント (0)

バーテンします。

友人の助手で入ります。
日程3月31日です。

CAVE
大阪市西区北堀江1-11-9、5F

<行き方>
地下鉄四つ橋線四ツ橋駅6番出口から
四つ橋沿いに北に上がって
一個目の信号を左折。(新興産ビルの角)
まっすぐ行って北堀江病院を越えたら
TAC MATEというコンビニみたいなのがあるので
そこまで行かないで、その手前のビルの
階段を5階までかけあがったら
そこがBar CAVEです。

地下鉄長堀鶴見緑地線西大橋駅からだったら
4番出口をでて長堀通を右に行って
一つめの筋を右に曲がってまっすぐ行くと
TAC MATEというコンビニみたいなのがあるので
そこを左に曲がって一個目の右手のビルの
階段を5階までかけあがったら
そこがBar CAVEです。

| | コメント (0)

道をよく聞かれる。
親しみやすいのか
気の抜けた顔をしているのか。
六本木では外国人に。
扇町では就職活動中の女子大生に。

わりとつまらなそうな顔をして
イヤホンで音楽聴きながら歩いていたりするのに。
性分でしょう、か。

| | コメント (2)

お彼岸なので

ぼたもち。
Desk_1
作りました。
昨年沖縄で買ってきたアメリカ産金時豆500gを使っての試み。
普段は、小豆です。
サイズ全然違います。
Mame_size
味は、普通の小豆よりも豆クサい感じ。
なかなか香ばしい。
ビールで言うなら黒ビール風。

過去最高の40個。
でも、いままでは特大サイズで二個食べたら腹一杯な
ヴォリュームだったので、あえてお菓子サイズで作りました。
かねてより周囲から要望の強かった
きな粉版も初挑戦。

我が家は幼少期より、ぼたもちと醤油ラーメンの組み合わせで
晩ご飯なので、本日も例に漏れず黄金メニュー。
ラーメンは生麺を買ってきて調理しただけですが。
Lamen

きょうも美味しく
ごちそうさまでした。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧