« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

京都へ

阪急電車に揺られて約一時間
京都は四条烏丸まで、5月のチャリティー・ライブ会場の下見に
行ってきました。

毎度のことながら、京都方面への電車は郷愁の思いに浸ります
昔のことをどうしても思い出してしまう
そして到着した京都では、当たり前ながら、今日現在
現実の京都の町が広がっているわけで、そのギャップにとまどったまま
いつもその思いをひきづりながら、帰阪します
ある種のタイムマシン。
京都にいる時間は、非現実の時間
マイホームタウンは現実の時間
それをさせてくれるのは、京都が京都であるからこそ
なのかもしれませんが。

で、浸りきりでもしょうがないので
ちゃんとやることして、決めること決めてきました
5/24日曜日14−16時で京都烏丸某所で
チャリティー・ライブします
場所などは、また追ってご連絡します

明日は、3/20の合同リハーサル
さぁ、ラスト二週間
気合い入れていきまっしょい

| | コメント (0)

明日は

BARです。
団地です。

天気はまぁまぁよいらしいのであkう
そろそろベランダも解禁か?

のんびり、皆様のおこしをおまちしております。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
大学時代の友人がいいこと書いていましたので
紹介します。

音楽にもあてはまるなー、と。
楽器とか、パーツ類色々あるけれど
結局どれを吹いても、だいたい似たりよったり。
けれど、達人はどれを吹いても、やっぱり達人の音。
そこに到達するまでに、色々なものを試しきっているからこそ
できる芸当でしょうね

| | コメント (0)

マルとバツ

音楽にはまちがいはある

けれど、正解はない

だから むずかしい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

念ずれば

花開く

Img_6292

かれこれ4〜5年の付き合いになる
我が家のシクラメンさん
去年はとうとう花をつけなかったけど
今年はつけてくれました
明日には、このピンクのパラソルが開くかな?
別に、肥料も土の入れかもしてないし
ただ単に、水と太陽に当てる角度を変えているだけれど
ちゃんと応えてくれる
ここ数日が楽しみです

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

気づけば、もう明後日20日は
classic Liveです
場所は、中津の星☆印で19時から
合計17曲ぐらいが、演奏される予定。

strike up the band
別れの曲
ジュピター
花のワルツ
主よ人の望みの喜びを
見上げてごらん夜の星を
ライムライト
亡き王女のためのパヴァーヌ
song for ina
アイネクライムナハトムジーク
情熱大陸のテーマ
A Whole New World
Summer
Canon

などなど

だんだん、雰囲気ができてきました
今回も演奏と
遠位型ミオパチーの認知度アップに
みんなでがんばりますー

| | コメント (0)

3/20 Suite Night Classic @中津星☆印

昨日、演奏に参加して頂いた皆様、ありがとうございました。
お客様の中には、遠位型ミオパチー患者会Blogから当演奏会を知り、
来て頂いた方が数人おられました。
自分たちの活動が、少しずつ、外の世界とつながってきているように
思います。これを励みに、いつ・誰に聴いてもらっても恥ずかしくない演奏と
音楽の楽しさを満喫できる会を続けていきたいと思います。
昨日の募金金額は「17,166円」でした。ありがたいことです。

さて、次回は、京都で5/24(日)14時スタート、16時半頃終了、の予定で行います。

ようやく、自分たちのやりたい会の形が見えてきたような気がします
次にむけてがんばります

| | コメント (0)

見たい映画

いまはホノカワボーイです
行こうと思ったら、プレミアスクリーンで上映中とのことで
映画の日・レディースデイ割引・前売り券割引が使えないとのこと。

そんなんアリ?
わざわざ他のエリアの映画館に行かないと行けないのか
時間帯がなかなか悪いので、さて、いついけるやら。

9月には「プール」というのがあるようです
(音がでます)
かもめ・めがねのチームによる制作のようです

そして小林聡美のHPがおもしろすぎる。
まだ全体を見られていないけれど、濃い(笑)
とりあえずトップページを開いたときの声に
笑ったりしてます
(音が出ます)

ダブルクリック!!!に笑った

| | コメント (0)

3/20の写真

少し時間が経ちましたが、
3/20星☆印の写真を数点Upします

とてもよい雰囲気の中、演奏会は行われました

引き続き、5月もがんばりましょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »