« 仕方のないこと | トップページ | 明治・大正〜平成 »

マイカー

平成12年7月に、新宿タイムズスクエア内の
東急ハンズで、父に誕生日プレゼントで買ってもらった
プジョーのオリーブ色のチャリ

毎日乗っているわけではないけれど、
学生時代は、毎日の足でして、片道30分以上を毎日往復してました。
その後も、なんやかんやと活躍してまして。
でも。
やっぱり人間と違って、道具は疲れる一方です
消耗するし、油も切れるし、ギヤのチェンジもスムーズにいかない

ようやく今日、心斎橋東急ハンズ地下一階に持って行きました
ギヤのワイヤーがくたびれているとのことで、お預け修理対応。
しゃーない、歩いて家まで帰るか、とぶらぶらしていたら、
割と早めに電話があり、治りましたとのこと。
案外早い。

「まだ、きれいですよ」とのことで修理代金を払い
帰途へ。

ここで、びっくりした。
ギヤの入り方のスムーズなこと!この上ない
それ以外にも、ブレーキの感触も、ペダルの踏み心地も違う。
今まで、相当無理させてました。

楽器は一ヶ月に一度ぐらいチューニングするのに
8年も放っておいたらだめですね。
ケアすれば、ちゃんと答えてくれる

新しいチャリもほしい。
けれど、今のチャリを、手放すということにはまだ踏み切れない

まだまだつきあいは続きそうです。

|

« 仕方のないこと | トップページ | 明治・大正〜平成 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 仕方のないこと | トップページ | 明治・大正〜平成 »