« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

小説第五話 少し早くなりましたが

連休中ですので、あえて早めに公開します。
第5話公開しました。
いよいよ、遠位型ミオパチーという単語が出始めてきます。
引き続き、ご愛読いただければ幸いです。

| | コメント (0)

第2回 Suite Night classic 迫る!

9月に第1回があったライブハウスで気軽にクラシックミュージックを、のイベント

Suite Night classic。

明後日11/5水曜日 夜19時開場 19:30開演です。

今回はトロンボーン四重奏や、クラリネット奏者も出演ということで

ほとんど(全部?)が管楽器奏者です。

私は、ピアニスト・ナッツさんとDuoで5曲演奏します。

ホルストの惑星から、Jupiter

愛の喜び

G線上のアリア

亡き王女のためのパヴァーヌ

カヴァレリアルスティカーナ

という演目です。

当初、三曲の予定でしたが、病欠者の代役ということで、演目が増えましたが

コレ幸いとして、楽しく演奏させていただきます。

前回は、Fluteのみでの参加でしたが、今回はAlto saxとFlute両方です。

こちらのイベントは、今後も末永く続けていこうと思っています。

次回は2009年1月を予定。その後も3月、5月と、二ヶ月ごとの開催を

目標としています。

同時に出演者も募集中。

今、学生時代の音楽仲間に多方面にわたって声をかけています。

皆さん、とても反応もよく

「やっぱり、みんな音楽演奏するの好きなのね~」と嬉しく思っています。

プロ奏者を目指すわけではなく、ある程度の年齢から始められる、

むしろ、始めたいと思ったときが始め時。

私の生徒さんにも70歳になろうとしているご婦人が昨年、サックスを

始められています。素敵なことだし、全力でバックアップしていきたいと

思っています。

音楽に遅いも早いもないです。

そんなきっかけを提供し続けられる場所として、また、昔の仲間と再び

楽器を奏でられる場所として、永く続けたいと思います。

そして、欲張りはさらに続き、次回以降チャリティーイベントして

再出発をさせていこうとも検討中です。

私の大学時代の音楽仲間が、現在治療方法も無い難病と闘っています。

日本でまだ100人程度しかいないと言われている、知名度も少ない

【遠位型ミオパチー】という難病。この2008年4月に患者会が

設立されましたが、まだまだ無名の病気です。国への支援を求める署名活動と

微力ながら我々の演奏会への、チケット代金から、少額でも寄付金を

送れるようにしようと思っています。

今回のイベントのチケット代金には、含まれませんが

次回以降は、そのような対応を考えていこうと思っています。

たった一人で成立する音楽は存在しません。

演奏者はもとより、演者とお客様が存在しない限り、不可能です。

人と人を紡ぐ音楽でできることを、今ここから。

欲張りな水曜日のイベントを、どうぞよろしくお願いします。


2008年11月5日(水) @クラブジャングル

チケット1300円ケーキ付 ドリンク別

オープン19:00 スタート19:30です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋冬モデル

不定期連載・麦酒の話。

ビールが好きです。

一番好きなのは、いわずもがなKIRINですが

季節物のビールは、一応一回は呑みます。

で、この秋から冬は特に多い。

これはきょう11月5日にでるみたい。

なので、まだ呑んでませんが、今年のデザイン・やけに緑ですな。

数年前から、毬花(まりばな)の名前でこの時期にでていますが

名前の響きが誤解を受けやすいので、いつからか取れたてホップに変わりましたが

個人的には毬花というほうが、いい名前だとは思います。

香りが特徴的なビールですが、この季節に呑むのが、一番おいしいです。

言うなれば、旬。

以前、売れ残りを春頃に呑んだけど、いまいちでした・・・

これも、ここ数年でてますね。

デザイン的には、・・・うーん?

真ん中の模様がおかしくない?

色合いが赤いアルトな感じ。上とは違う香りがします。

ふつうの金のヱビスより呑みやすい感じかなぁ。

いま、これ呑みながら書いてます(笑)

鍋と一緒に呑むと、最高にうまかったです。

主張しすぎず、けれど薄くもなく。

季節ものビールの先駆けでしたよね、これ。

今年のデザインは、思い切っていて、好感が持てます。

かっこいいです。

おまけ。

これは12月発売のKIRINの二種類のビール。

数年前も限定販売していたけど、当時の製法を復刻させて作っているようです。

個人的には、大正の味の方が好きでした。

大正時代って、もう90年ぐらい前になるんですね。

それでも、このデザインは、なんだかモダンです。明治の方が文明開化の

においがします。

というわけで、どれも楽しみな、秋冬モデルでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いい緊張感だった

他にも書くことあったけど
20時ごろからテレビに釘付け

最近のプロさんは、いまいち緊張感がなかったけど
今日の緊張感は素晴らしかったなぁ
オリンピックとか、甲子園とか、一発勝負の緊張感に
対して、近頃の日本シリーズの日程とかには「?」と
思うことが多く、いまいち興味が持てませんでしたが
7戦目に突入するあたりが、いい緊迫感を後押ししてましたね

うれしい人・悔しい人、いっぱいいるでしょうけど
どちらのファンでもない一個人ですが、野球のおもしろさと怖さが
入り交じったシリーズでしたね

で。
WBCどうするの・・・?

| | コメント (0)

小説 第七話更新しました

第七話

別の人物から見た、病気の現状についてです。

| | コメント (0)

手で書く

なんで今まで思いつかなかったのか、わからんけど
高校の担任の先生に、遠位型ミオパチーの署名用紙とビラ
それに、現在連載中の小説原稿を送ることにしました。
ちなみに、うちの高校は、わりと文系です。
担任も、国語全般(現代文・古文・漢文)。

そんな人に見せるのは、おこがましいけれど、これもまた
自分自身の近況報告として、伝えることだし
それ以上に、署名についても協力していただけるものなら
してほしいし。
というわけで、手紙を書き始めたら長い長い。
漢字に疎くなってきているので、PCで原稿書いてから
手書きをしはじめましたが、一時間ぐらいかかるのね。
でも、手書きはやっぱりいい。
下手な字でも感情がある。味がある。心の乱れも出る・・・。
本当に、伝えたい願いのようなものは、手書きに勝る手段は
ない、と思った。

手で書く、手紙。
いいもんです。

| | コメント (0)

遠位型ミオパチーについて

検索して、このページに辿り着いてくれた人が
近頃増えています。
ありがとうございます。

先日も友人のBlogに取り上げていただきましたので
しばらくこちらのBlog更新を16日まで停止して、この記事をトップに置いておきます。

この病気ってどんなんなん?というかたは
こちらの物語を。

いますぐできることはないの?という方は
オンライン署名(名前だけでOK)があります。

その他、質問など、私の知る限りで応えられますので
この記事にコメントを残してください。

よろしくお願いします。

| | コメント (0)

小説 第九話更新しました。

第九話です。

自分が24歳の時のこと。
どれぐらい覚えているかな?とふと思います。


寒くなってきましたね
風邪には、本当にきをつけましょう。

| | コメント (0)

絵本

もう、かれこれ2〜3年発刊されていると思いますが
偶数月の15日に無料配布されている絵本があります。
セブンイレブンでもらえる『ボノロン』という冊子(えほん)

親と子のコミュニケーションマガジンということですが、
独り身の頃から、見つけると持って帰って読むのですが
必ず泣きます。
こんなん読み聞かせられないよ、って思います。
先日の10月分のお話しもよかったです。
もう、お店によってはないかもしれないけれど
見かけたら手に取ることをオススメします。

世の中のお母さんは、知っているのかな?
もっと宣伝したらよいのにね。


〜〜〜〜〜〜〜〜
小説、更新しました
第十回分はこちらです 

携帯版

残すところ数回です。

| | コメント (0)

HAPPY !

フライト!

映画見てきました。
内容は伏せますが、緊張しすぎて肩凝った〜
中身はいいですよ。
へぇ〜、こんな裏方の世界もあるのね、という
ある種華々しい飛行機業界を目指すこれからの人に
ガイド映画としてもわかりやすいかも。


晴れたら京都にでも行くかと思いましたが、連休最終日は
あいにくの雨。
でも昨日見た落ち葉は綺麗だった。
今まで、紅葉ってイチョウかモミジしか気にとめてなかったけれど
桜の赤く染まった様子も、すごく綺麗。
燃え上がる色。

Th_img_6100

Th_img_6101

地味だけど新しい発見。

| | コメント (0)

小説 第十一話 更新しました

十一話 

携帯版は こちら


残り、あと2回です。

| | コメント (0)

第3回 Suite Night classic

2009年1月21日(水)@Club Jungle
クラシックライブ 第3回 Suite Night classic

もう、来年の話になりますが、表題の件
行います。

今回からお客様から頂くチケット代金の内
一部を”遠位型ミオパチー患者会”へ直接寄付しようと思っております。
1月、3月、5月と引き続き行っていきますので、少しでも多くの方に
この病気のことを知ってもらえる機会を作れたら、と思います。
お金も大事ですが、署名、そして何より認知度。
これが一番の目的であったりします。
音楽を演奏する側としてできることを、できる範囲でやりつつ
協力していけたらと思います。

今回、私はFluteで二曲演奏予定です。
ひとつはパッフェルベルのカノン(CANON)
もうひとつはヴィヴァルディ四季から”冬”
生徒さんの出演は、現在未定ですが、その他の出演者は
第一回・二回から引き続き出演の方、今回が初めて参加になる
私の大学時代の友人ホルン奏者などなど
多彩な出演者で行いたいと思います。

個々人の曲目が判明次第、また情報をあげますので
どうぞよろしくお願いします。


CLUB JUNGLE        
遠位型ミオパチー患者会  

| | コメント (0)

小説第十二話 更新しました

PC版 
携帯版 

この章が、書いていたときに一番思い入れの強い回かもしれません。
残すところ、あと1回
最終回は12/1月曜日 です。

| | コメント (0)

穏やかな夫婦

高槻に住む大学時代の友人夫妻宅へ一人で行ってきました。
会うのも二年ぶり?ぐらい。
式、以来です。
会ってすぐ、「あー、そうだこの人、こういう柔らかい雰囲気の人なんだったわ」と思い出す。
ここまで緩やかなオーラをだせる男性というのは、なかなかいないと思う。
そんな旦那に連れられ、お宅訪問。
奥様の美味しいちらし寿司とその他デザートを食べつつ
色々多方面な話。
病院勤めと言うこともあり、署名用紙と簡単な説明を大学卒業アルバムなぞを
みつつ話す。

そういえば、自分はこのアルバム持っていません。
どれどれと、見ていくと久しぶりに見る顔だらけ。
ゼミ写真などもありますが、あまり覚えていない。
みんな直筆のコメント書いたりしているので、さて自分は何をこの時思い
書いたっけ?と見ると、書いていない。
あー、なんかこのころ反抗してたから書かなかったんだ、と思い出す。
大学4年次は、行き場のない怒りの感情を持って、その感情で突き動かされていたな
というのも、同時に思い出しました。
何も書いていないと言うことがメッセージ。
そう受け取ります。
それでも、パラパラめくれば、イベントごとの写真に、ちょくちょく写っている自分。
楽しかったんだろうね、最後の幕引きの会、まで。

様々なことを思い出した数時間。
話し足りないけれど、近いうちの再会を約束して、温和な夫婦に別れを告げて
団地BAR準備へ。

入門者と愛好家が1:1ぐらいの夜。
賑わう。


小説。
遠位型ミオパチー患者会Blogにて紹介されました
明日で最終回ですが、この病気を本当の意味で終わらせるには
まだまだ皆さんの協力が必要です。
引き続きご支援、よろしくお願いします。


今日11/30は心斎橋CLUB JUNGLEでしゃかりきコロンブス。ライブ
21時すぎからです。

こちらもがんばります。

| | コメント (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »