« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

いつも通りを散歩する

Sake


そんな名前のお酒を買ってきました。
ゆずのリキュール(日本酒ベース)だそうです。
まだ飲んでないので味もわからないのですが
名前と色合いの雰囲気だけで買いました。

左は大正旭ポン酢と並ぶおいしさと噂のポン酢醤油。
ところでポン酢の「ポン」ってなんだろ。

右はちょっと前に買った花札梅酒シリーズの梅うぐいす。
赤タンの「あのよろし」ヴァージョンもあります。

目で見て楽しむお酒。
今晩飲んでみましょう。

| | コメント (0)

桃の節句だけれども

お彼岸メニュー。
Img_3216

我が家名物ラーメンおはぎ定食。
本日はとんこつなり。


Img_3221

おひなさまにも

Img_3213


どどんとおそなえ。

甘いの&しょっぱいのの組み合わせが絶妙なのであります。

| | コメント (0)

MD

ミニディスク。
最近こればかり聴いている。
それも高校時代に自分が編集したディスク。
それぞれタイトルにコンセプトが記されていて
「SAX VEST」(←BESTのまちがい)とか
「●●DNA」とか、かなり恥ずかしいタイトルがついているが
いざ聴いてみると、これが納得の曲順であったり、いちいち唸らせられてしまうのが
我ながらおもしろい。
こいつ、やるな。そんな感じ。
実際、曲順だけでもそうだし、そう閉めたかというあたりが
若さも感じるが、この時代にDJやらミックステープの概念を知っていたら
もっとのめり込んでいたんだろうか、とも思うが
ある時期を境に終息している

とはいえ12年ほどたった今、ご飯を作る間の時間などにバックでかけていると
とても心地よく作業が進むので、MP3プレーヤー全盛時代の2008年
1996年のMDが鳴りやまない我が家なのである

| | コメント (0)

限度

以前勤めていた食品会社からからサンプルで送るよといわれていた豆乳飲料。
欲しいとは確かに言ったし
ものは美味しいのですが、数量にビックリした。

24本入りを140ケース。本数にして200mlを3360本。
3トントラックで代車束って4回にわたって持ってきて
寝る場所無くなった。
あまりのことに苦言を呈して
「引き取りにもう一回こいー!」と怒り
80ケース持ち帰らせたものの60ケースはさばかねばなりません。

団地の掃除のおばちゃんや
ご近所さんに配ったものの、まだ40ケース以上ある。
賞味期限は3月中ぐらい。
配送料もなかなかなものですので、取りに来てくれる人のみ
お渡しします。

・・・行為で送ってくれるのはいいけど、事前連絡と限度っていう
守るべき事柄があるでしょうに。

Img_3234

Img_3235

Img_3236


| | コメント (2)

相撲

別に誰が好きというわけではないのですが
相撲の観戦ってまだ一回もしたことがない
試しに調べてみると、これは歌舞伎みたいなもので
ご飯代とお土産込みの値段らしいが、一人単価二万円ぐらいする。
なるほど、これはきびしい。
よほど関係者がいて、ご招待がないといけない。

たまたま今日から大阪春場所が始まったので
気になったのではあるが
行くことはないな

伝統モノだから厳しいのだろうけど
やはり生で本物を見る機会は大事だから、もっと
安い席も作って欲しいと、ちと思うのである。

| | コメント (0)

豆乳現在

現状こんな感じです。
739921917_23s


なんとか今週中にはけれそうです。


喜ばれてもらってもらっているところが
救いの種です。
ご協力ありがとうございます。
ラストスパート、まだありますー。
739921917_110s_2


上の写真のような個別よりどりみどりパックも作成して
配布中。
こんなにプロモーション活動してくれる人、おらんでと
その会社に問い詰めたい(笑)

| | コメント (0)

アームバンド

1527_1

アームバンド
↑こういうの。

その昔、楽器を始めた高校生の頃に一度買った覚えがあるが
バネとバネが妙に伸びてしまい、だめにしてしまった。
普通、スーツの時のオシャレアイテムであろうが
楽器吹きは、わりと重宝する。
袖口が邪魔なことって多いのよ。

そして最近、急激にあったかい。
春大歓迎。
でも急に寒くなることもあるので
長袖はまだまだこの先重要で、しかも店舗や電車はもうじき
冷房を入れ出すから、やっぱり日焼けを気にする女子も
寒がりな男子も長袖。
それでも腕まくりする時、ちょいとこいつがあると、とても便利。

ちょっとした台所仕事でも、袖口がぬれないように
ピュッと止める。
500円でした。
もっと早く買いに行けばよかった。
そういう道具ってわりとあるような気がする。

| | コメント (0)

街・人・街

心斎橋へ来て思うこと。

ここは街。
町ではなく街。

人が街を創り、町が人を造ること。
そんなこと、よくあること。
ここへ通っていた頃、僕はこの街の一部であったと思う。
今は完全に部外者。
今という今、この街を創っているのは、ここで生きている人たちのエネルギー。
プラスもマイナスも自分の目も前で刻一刻とうごめいている。

住めば都。
言い得て妙。
今の我が町を尊く、誇りに思う。

    


| | コメント (0)

火の鳥と宇宙と命の誕生と

数日前から手塚治虫の火の鳥を少しずつ読んでいます。
たしか大学生の最初の頃に読んだ以来。
表現手段が漫画なだけで、やはり文学作品にしか思えない話の構成。
軽はずみなハッピーエンドなんてなく、現実と同じぐらい辛く苦しい内容。
少なからずこの話の中に出てくることは、実現しつつありますよね。
人間、頭で想像できることはほとんど形にできる可能性を秘めている、
そんなことを思います。

十数年ぶりにプラネタリウムというものに行きました。
宇宙(そら)を感じた世界。
ありきたりな星座の説明だけにとどまらず、天文学とはなんぞや、との
話にまでツッコミを入れてくる学芸員の話にも驚きつつ
始まったスライドは宇宙の誕生から、太陽系以外の銀河が無数にあることの説明。
天文学的数字。その名の通り気が遠くなるような奇跡の中で
いま、ここにいて暗黒空間に浮かぶ青い地球にいることに疑問はわけど
当然答えなんて出ず。
思い出したのは、映画や漫画の世界で、宇宙人が地球を見て
「美しい」と思うのは当然だなということ。
『チタマはワシが占領するだがや』というニコちゃん大王しか
頭に浮かばなかったのが、どうにも幼い頭の自分であるが・・・。
わかるわかる、その気持ち、であるなぁ。
遠くから見るのは綺麗な富士山だけど、近づくとあんまりな感じにならない
ように地球もしなくちゃいけないよな、とも思うわけであったり。

帰り道。
今朝AM3時ごろ生まれたご近所さんお友達の子供の顔を
拝ませてもらうために病院へ。
お世辞抜きで可愛らしい女の子。
プラネタリウムをひきずっているので、
色んな銀河がある中で、ここの親子を選んで生まれてきた
この子の運命やら他人事ながら思ってしまう。
天文学的な宇宙の寿命より、目の前の小さな命が
とてもいじらしく、愛らしく感じた一日。
健やかに育って欲しいと切に思う。

| | コメント (0)

古典ゲーム

花札や百人一首などのメジャーなゲームではなく
幼児期から小学校卒業する頃まで、ほんとうによく遊んでいた二つのゲーム。

水道管ゲーム(手前) と
ダイヤモンドゲーム
Img_3397

我が家は父の休みの日が土日でなかったので
土日関係なく一家3人がゆっくり揃う夜は21-22時がゲームタイムでした。
トランプ・花札、ビー玉遊び・・・色んなゲームをしました。
なかでもダイヤモンドゲームは好きだったぁ。

Img_3395


うち3人家族なので、これほど最適なゲームはありません。
そしてルールは簡単なのに、面白い。
ひたすらごちゃごちゃになるのですが、刻一刻と変わる状況判断力が養われます。
・・・まぁ、そんなこと幼児期は考えもせず夢中で遊んでいましたが。
ある日、唐突にダイヤモンドゲームを買ってきた父も不思議ですが
当時かなりハイカラ(笑)だったのでは?そしてお値段も高かったはず。
今は、このキングサイズのダイヤモンドゲームは廃盤みたいで
マグネット対応しかないみたいです。
手元にあるこの板は、かれこれ20年ものです。
一人っ子だったので、ゲームタイムしかできなかったゲームですが
今はご近所友達と水道管ゲームも遊べます。
近所の家族に子供も生まれたし、これはこの子達にも引き継がれていくでしょう(笑)
40年ぐらい、これらで遊び尽くそうと思います。
子供の頃は夢中だったけど、こういう玩具を幼少期に与えられて遊べたことは
ものすごく感謝していることです。
ありがとう。

| | コメント (0)

京都テレビでます

KBS京都『谷口な夜』(http://www.kbs-kyoto.co.jp/taniyoru/home/home.html)に
ビデオ出演します。
今日22日(土)23:30より。

| | コメント (0)

東京とマスク <東京日記1>

東京へ2、3日行ってきました。
短い時間でしたが、ひさしぶりの人にも会えたし
恒例の場所にも行けたしとても満喫させてもらいました。

東京の街に着いておもったのは・・・
「マスクしているひと大すぎ!」
歩く人の5割はしているんじゃないの?っていうぐらい
マスクマン。
メガネマンもちらほら。こちらまで目が痛くなってきた。
東京、やっぱり空気おかしいですよ。何かが狂い始めている。
大阪もそんなに落ち着いているわけではないだろうけど
あそこまでじゃないな。マスクしているひともそこまでいない。
気をつけて、東京。

他にも書くことはあるので、その2に続く。

| | コメント (0)

25年

あの日 あのとき あの場所と

幼少期よく連れて行ってもらった場所
変わらずそこはあり
今日に至るまで、そのもの自体の生まれたときからに比べたら
20年ぐらいは微々たる時間であるけれど
人間にとっては大きな時の流れ
「門と人」の話です。

198x


先日の日曜日は家族3人で九段へ。
開花直前の堅いつぼみ桜をたくさん見て回ってゴールは清水門。
上の写真は198X年の頃。おそらく3~4歳ぐらいだと思うんですが。
そして同じ構図で2008年。

2008_2

家族3人、住むところは変わってもこうして会えること
年を重ねても一緒に歩けること
全てが幸せな時間でした
撮る人も撮られる人も昔のまま

写真に残した時間というのは、1日の瞬間を切り取っただけで
一瞬でしかないはずなのに、こうして残ると
とても時間が永く感じられるから好きです。
一枚目も二枚目も、とてもとても大事な写真になりそうです。


| | コメント (2)

あんぱんとクリームパン

お待ちかね、明日29日土曜日は団地BARです。
今回も、前回好評だった「あんぱん」あります。
ついでにカスタード入りクリームパンも制作中。
数量が極めて少ないので、お早めに。

*写真は煮詰めている最中のあんこ
 今月5回目ぐらいのあんこ作業。もう普通です(笑)

An


| | コメント (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »