« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

いつどこで誰に何を話したかを覚えておく記憶力

この人にこの話題を話したかどうか、ということを
昔から気にしながら話をするようにしているのですが。
近頃、その力が落ちてきている気がします。

例えば、今は楽器のレッスンを5人ぐらいにしているのですが
この人にこの例え話をしたかな?と考え込みます。
まぁ、こういう教えの場では何回でもしつこく言えば
いいのですが、日常の話で同じ話を何回も聴かせる方の身になると
ちょっとうんざりするので、
できる限り、「この人に話したかどうか」を考えてから話します。

つまらない脳の体操なのでしょうが、その力が衰えているのは
なかなかショックです。

| | コメント (0)

綺麗なG


なぜに。
唐突にこのフィギャアだけ作ろうとしたのか
謎すぎる。
その笑いのセンスには脱帽するけれど。
大学時代に初めて変ドラを見たときは衝撃だったな。
ドラえもんで幼少期を育ったので、そんな見方があったとは!と
驚いたものです。

いまだにドラは人生のバイブルです。

| | コメント (0)

しもやけ警報

しもやけ警報です。
右手の各指に一カ所ずつ真っ赤に腫れ上がっている
しもやけたち。

これってようするに『凍傷』であって
冷たいヤケドなんですよね。
かゆいわ、痛いわ、ぷんぷくりんやらで
つらいです。
特に過度の水仕事をしているわけでもなく
単純な冷えから来るものですが、右手だけ。
まぁ、毎年一度はなるのですが今年も来ました。

誰か。
楽になれる治療法あれば
ぜひとも教えてください。
なんか今年はだいぶつらいです・・・

| | コメント (2)

『詩(コトバ)』 幸せなこと そうでないこと

幸せなことは そうと気づかないうちに通り過ぎていく
そうでないことは 幸せな時間を思い出すときに唐突にやってくる

幸せな時間を
幸せな渦中に気づけたらどんなにいいことか

幸せな時間は「当たり前のような”幻実”」に包まれて
渦中で気づくのは難しい

風邪をひいて気づくこと
指先を痛めて気づくこと
会いたい人に会えなくなって気づくこと

何気なく散歩した時間
当たり前のように過ごした時間が当たり前でなかったと気づくとき
当たり前のように感じていた瞬間を
もっと噛みしめていればよかったと思う

「今」は幸せな時間?
それとも・・・。
それさえ今は わからない。

答え合わせは時が過ぎてから。

| | コメント (0)

完治しましたので。

書きますが熱でひさしぶりに寝てました。
水曜に受けた針治療が発端になったかならないか不明ですが
その夜からぐんぐんあがる熱。
21時には寝て朝8時に起きてパンだけ食べて18時に起きて。
ようやく熱も下がったので、ライブの本番にだけなんとか
行ってきました。

この間、妻も別経路からの感染?で発熱。
こちらは疲労か、と。
夫婦同時発熱で看病もできず点呼し合う程度。
「大丈夫か〜?」「・・・うう」の応酬。
治ってみれば笑い話。
今は二人とも元気です。

高熱・微熱で困るのは、どうも頭の中で思ったことが
即座に夢に出てくること。
現実の世界で、「あー、古本屋行かなくちゃ」と
思ってから布団に入ったら、夢の中で古本屋行ってる(笑)
で、起きる。
夢と現実の区別が全くつかなくて、あれー?行ってない???となる。
こんな夢を10コ以上見たような気がします。
ほんわか微熱おそるべし。
失った機能の一日。今日は取り戻します。

| | コメント (1)

つもりつもれば

つもりつもれば
何かが変わる
確実に変わる

今日の一日だけを いつもの三倍がんばっても
明日も明後日も手を抜いたら元通り
掃かない部屋には 埃も溜まる

今日の5分 明日の5分
一つ一つは欠片にすぎないけれど
雫のような雪でも いずれは積もる


ーーーーーーーーーーーーーーーーー
今月で団地BARという場を提供し始めて
一年が経ちました。
不定期ながら刊行しているフリーペーパーも
気づけば次回で第十回です。

昨年のクリスマスから復帰したバンド
しゃかりきコロンブスでの創作手紙もすでに5つめです。
休止以前のものも合わせれば30以上あるでしょうが
とりあえず手元にあるのは5つ。
これもまた年末頃にはすごい数になるでしょう。
いつかまとめて発表する機会を設けます。

どんな小さなことも続けていけば
やり終えた大きなことに化けるのですね。
『今日のうちにやっつけたい!』と思っても結局
たいしたことはできません。
小さな小さな階段を踏み外さないようにゆっくり
歩いていくことが今いるところからの唯一の移動手段なのだと
当たり前のことを考えている。
そういう夜です。

| | コメント (0)

空があまりにも美しすぎたので

撮りました。
家のベランダからの風景です。

Simg_3145


今日は古巣の京都の大学まで行ってきました。
自分自身、在学中は一度も講義を受けたことがなかった教授の
引退最終講義だったので足を運んだのですが、
「色々なことの総集編」というような時間でした。
講義を聴きながら、
大学とは・・・
学生とは
働くこととは
色々思うことがありました。

思えば、たくさんのことをこの大学の4年間で学ばせてもらいました。
ここで蓄えたエネルギーで、その後の6年間を走ってきた気がします。
それが切れたのでしょうか。まだ停滞気味です。
でも、あの空間に帰ると、いつもカラダのどこかに蘇ってくる力が
あります。微力ながら今日はそれを吸収して帰ってくることができた気がします。
まだふわふわしていますが、改めてご挨拶してくることができた人たちもいますし
ここから、何かが始まるよう努めたいと思います。

| | コメント (2)

小麦の影響

我が家ではパンの粉に影響が出ました。
値上がりです。
でも一時期960円で2.5kgの粉を買っていましたが
今は、同じ商品を値上がり後も756円で買えているので
これは問題なし。

麦酒が問題です。
2月から各社値上がり。
大手スーパーならまだ影響はありませんが、ちょっと思いつきで一杯!の
コンビニでは350mlが約25円、500ml缶が約33円値上がりしてました。
居酒屋の生ビール価格も変わるんでしょうね。
残念です。
でも、発泡酒や第三の雑酒には逃げません。
結局「・・・っぽい」ってだけで、飲めなくはないですが
確実に悪酔いします。
発泡酒をケース買いするならば、ビールの消費量自体を減らします。

そんな昨日はKIRIN 円熟黒(発泡酒)を水分に使用した
カレーを作りました。本当は黒ビールがよかったけど
ヱビス黒しかなかったので、代用。
料理用にはとても安く、且つおいしい。
黒ビール煮込みカレー。なかなかおすすめです

| | コメント (0)

わかる人にしかわからない会話

難波で待ち人中。通りすがりのカップル(二十代後半ぐらい)の
会話が聞こえてくる。

男:「っていうか、市営?府営?公団?どれなん!!!?」
女:「公団!」

ってめっちゃスピーディーに話す二人。
聞き捨てならん!
おまえらなんの会話をしているんだ!
と、胸がざわついた一瞬でした。

| | コメント (0)

センセイ

先生と言われる立場の人がいる。
誰かに教えを説く人。
古くは、幼稚園やら保育園。
少なくとも小学校で、その種の人に出会う。

テレビドラマの受け売りであるが
先生のセンセイは・・・「生徒」。
先生自身を育ててくれるのは、目の前の生徒からだという。
広義に解釈すれば、自分以外の他人は皆、「先生」。
楽器を教えるお仕事をしていても、結局生徒さんに気づかされている。
この言葉を使えば伝わる。これはわかりにくい、伝わらない。
二回目、三回目となるほど、自分の教え方が変化していているのが
わかる。
日常生活でもそう。
人に出会い、人にもまれた分だけ、何かを感じる。
反面教師もいるし、尊敬に値する教師もいる。
皆、自分以外の他人から教えを受けている。

「先生」という肩書きにあぐらをかいたら終わり。
常に教わる気持ちで毎日を敏感に生きたい。

| | コメント (0)

水の都 大阪

先週までほぼ毎日雪がちらついていましたが
今日は夜になってもほんわか暖かい。
少しずつ季節は巡ってきているようですね。
別に大阪だけではないでしょうが
自転車で川を越えながら、水のにおい
湿った空気のにおいがします。
湿度がちょうど心地よい。
あたたかい日の夜桜見物気分。
脳は過去の記憶を視覚以外で記憶しているようです。
年をとることはマイナスの意味に用いられることが多いようですが
記憶と経験は例外です。
たったひとつの雰囲気・空気・においで様々な情報を
掘り起こしてくれます。
時に胸が苦しいこともあるだろうけど、思い出は美化されるもの。
淡く、心地よく蘇るにとどまります。
そんなことを思いつつ乗る自転車から夜空を見上げる。
明日は満月です。
ひさしく空を見上げていなかった。
たとえ新月でもいつもそこにある月。好きです。
明日はゆっくり空を見よう。

| | コメント (0)

団地と猫写真展 イメージソング

こちらからダウンロードできます。
ものの一時間ぐらいで作ったメモみたいなもんですが
気に入ったので公開設定します。

二次利用できるものであれば、どうぞご自由に。
一分しかありませんから。

というわけで週末は大阪で写真展です。
まったり。お待ちしております。

| | コメント (0)

宣伝に次ぐ宣伝

明日土曜日は、かねてよりこちらでも紹介している
ネコと団地とトイカメラ写真展@四つ橋BAR CAVEです。
土曜日日曜日とも午前10-17時まで。
その後アフターパーティーと言うことで21時ごろまで
店を開けております。

土曜日は店主ツジツマヲ氏ライブトークのため
一旦心斎橋へ消えます。夜21:30-ごろはTpでバンド参加されます。

日曜日は私の方が、出入りします。
16時ごろ鰻谷sunsuiでしゃかりきコロンブス出演のため
店を空けます。
こちらもよろしければご来場下さい。

| | コメント (0)

変わりゆくもの

知人の誕生日だったのでメールをしたら
エラーで帰ってきた。
ついでに電話をしてみれば、ご契約者不在とのこと。
去年の秋頃までは通じたのだけど。
色々な理由で連絡先を伝えたくない気持ちはわかる。
なにより無事でいてくれればいい。
電話解約=最悪の事態、しか想像できなかった。
頼むからどこかで生きていて欲しい。

先日の日曜日はLIVE演奏。
なじみのイベントに出演したのだが、たくさんの話を聴いた。
去年、一度現場を離れて半年。
たった半年だけれど、ずーと続けていたことを半年あいだを
おくだけで、引いて見ることもできるようになったし
埋めがたい距離もできた。
かれこれ6〜7年関係している人々たち。
けれど、それだけの時間があれば人の心も変わる。
環境も変わる。皆、今一番踏ん張り時の中で何かをしようとしている。
二十代前半の「楽しいことを次々と」という気持ちだけでは
割り切れない何か。取捨選択をしつつ、変化という対応をしながら
続ける意味。
意味も意義もある。表現者たちの意味。
けれど、もっとも大切なお客さんの求めるものが何なのか
まったく見えないようになった気がする。
迎合する必要はないけれど、まったく無頓着なのも困る。

ゆっくりなようで確実に流れて行っている時間。
速すぎる時の流れは、自分の目には捉えきれず
スローモーションにしか写らない。

| | コメント (0)

ニュースの目

素直な気持ちでニュースさえ見ることができない。
日替わり・週替わりで変わるニュース。

ロス事件?何を今更。わたしゃ生まれとらんわ。
これは、沖縄での米兵婦女暴行事件の矛先変えるように
引っ張り出したとしか思えない

イージス艦?調査?
聴取なんて5分で終わるでしょう。
見てたの、見てないの。それだけでしょう。

サッカー・卓球・反日感情?
スパイクで跳び蹴り喰らわして子供の頃から
サッカーボール蹴ってプロ選手になりたかったんじゃないの?
餃子の話もあまり聞かなくなったけど、腹いせを
スポーツに変換したらあかんよ。

一月末まで散々騒いだガソリン税。
修正がでて6兆円予算削ったらしいよ。
10年分のどんぶり勘定の予算らしい大ざっぱな削り方。
で、その後の話題はどうなのよ?

晴れたと思ったら粉雪混じりに降る冷たい雨
全てがそれぐらい回りくどく、わかりにくい。

次から次へと提供されるマスコミの情報操作。
惑わされないぞ。
必要なニュースを必要な量だけ自分で取りに行く。
その気持ちが大切だと、わたしは思う。

| | コメント (0)

浅い

「経験が浅いので遠慮します。」
僕は経験が浅いらしい。
経験ってなんだ?

なかなかに再就職へのシフトチェンジは手厳しい。
のうのうと転がるだけの人生よりは修羅場も数多くあったと思うが
単純比較できるようなものでもない。
新しく何も変える気もないので
経験の浅い私でこのままいってやろうやないの、と
思うあたりが浅いのか。
頑固者は治りませぬ。

| | コメント (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »