« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

永徳展 感想

日付かわっちゃいましたが。
いわゆる日記でも書こう。

朝、寝坊。
残念ながら一時間遅れの10時半に京都国立博物館へ到着。
まぁいけるやろうと思うけど、なんか駅降りてからの周りの雰囲気が
おかしい。
これは、トトロの森の男鹿展に近い雰囲気と即座に感じる。
やばい。
案の定、小雨降る中40分待ちの行列。
途中、マナー悪い大の大人の列割り込みなどもありつつ
イライラしつつ、何とか中へ入る。
正直、狩野永徳様々!というわけでもなく
なんとなく行きたいと思ったから行っただけなので
予備知識はないに等しい。ふらふらさまよいつつ近くに寄ったり
遠目に見たり、設計図みたいな小さなメモ書きを観たり。
このメモ書きが一番貴重でおもしろかったかも。
唐獅子絵図も、その巨大さにびっくりしたけどね。
にしても人が多すぎて、ゆっくりできませんでした。
幸い、一人で行ったので誰に気を遣うことなく
見て回れたけれど、もっとゆっくりしたかったなぁ。
そして館内の空気冷え切っていて、寒かったなぁ。厚着していけばよかった。

今日思う感想は、
「博物館って、いろんな作品が一堂に会して観られてうれしいけれど
蛍光灯に照らされて明るくて、でもガラスの向こうにあって、
まわりには人がいっぱいいて」という状況よりも
薄暗くて、カビ臭い寺の一室に、あるべき姿、あるべき形で
飾られた屏風絵の方が、趣があっていいな、と
思いました。
永徳さんも、作品の一つ一つもすばらしいのだろうけど
その寺、その庭、その空間で味合うのが一番の鑑賞でしょう、と。
なにが贅沢か、わかりませんね。


| | コメント (0)

明日はカレーの日

ひさしぶりBARの日です。
先日の全国放送ではカットになった大阪の隠れ家CAVEにて
団地BARの日です。
来たい人、来れる人だけ寄ってきて。
明日も、一般店より口当たりが優しい生ビールと特性団地カレー
用意して待ってます。
営業時間は19-24時頃まで。

ゆるりゆるりお待ちしておりまーす

| | コメント (0)

いよいよ引っ越し準備開始

というわけで、同じ大阪市内ではありますが
引っ越しします。
今の家に来たのが3年前。
もう三年。
色々あった三年。
次はどんなだろ。

昭和37年築のリアルAllwaysから
昭和54年築へステップアップ。
家賃もステップアップしちゃいますが
この15年の差は大きい。

一番の心配事は大阪を襲う地震。
今日も地震ありましたね。
もっと激しい奴が、この数十年中に確実に来ます。
その時生き残れる最低限の強度を持った場所に
移動するのが今回の引っ越しの最大の目的。

引っ越しまであと二週間。
それまでに来たら・・・
それまでだねー。

| | コメント (0)

入浴剤

子供の頃から好きです。
特に好きなのが旅の宿シリーズ。
あの日本昔話の切り絵のようなイラストが妙に好きな子供でした。
あれを湯船に入れて、裏の効能を読む小学生。
まぁ、変ですな。

たいていのものは読むのですが、効能的な違いは一つも見つからず
どれも同じような文言ばかり。
そして最後の行に書いてあるのが
「本品は温泉を再現したものではありません」の一行。
どないやねん!っていつも思ってました。
でも好き。

子供の頃、草津温泉で見た湯をかき混ぜる女中さん(?)の絵とか
表面の絵を見て、箱根とか行ったことのない道後とか別府とかの
温泉を想像して「ほえ~」となるのは二十年経った今も一緒です。

| | コメント (0)

注射

しました。
予防接種のインフルエンザ。
水曜日のことだけど昨日今日とまだ腕の一部が痛熱い
きっと今、そのあたりがインフルエンザなんでしょう。

はやく熱よ引け、腕よ。
妙に客観的になれるインフルエンザ経験でした

| | コメント (0)

今年も数多くの新商品ビールが出ました。

今年も数多くの新商品ビールが出ました。
サッポロで言えば 緑のヱビス
サントリー関連で言えば 黒モルツや熊さん印のビール二種類
一番新商品ラッシュでたたみかけようとしたのがキリンで
3月のキリンザゴールドに始まり
7月のニッポンプレミアム
8月の秋味
9月のSTOUT
その他、小瓶のグランドエール(チルドビール)などなど
で、11月の「一番搾りとれたてホップ」
Index_im_01


数年前は毬花(まりばな)という名称で販売していた商品。
でも、語感が法律で禁止されているモノに類似しているために
翌年から名称変更されたのでした。
造っている行程は、ここ数年ずっと同じですが、今年のは美味かった。
ホップの香りとさわやかな飲み心地。
宣伝広告を打ちやすい秋味よりも、隠れた商品ですが
真冬になる前の、少し冷たい空気漂う夜に
スッと鼻を通り抜ける香りが心地よい季節感たっぷりのビールです。

発泡酒・第三の雑種含めて、ビール業界全体が落ち目なうえに
来年から値上げも待っていますが、季節感のある商品をつくりだしてくれることを
これからも期待します。

札幌へ行ったらサッポロビールが旨い。
沖縄へ行ったらオリオンしかない。
本州へいるから味わえる四季のあるビールがわたしゃのみたいの。

| | コメント (0)

方言

今日、新居でのネット回線契約の話でNTT(おそらく大阪)から電話があったのだけど
担当者さん、東北圏の人。
これが絶妙すぎて話の内容に集中できなかった(笑)
ものすごくなまってるというわけでもないんだけど
確実に普通のトーンでないことはわかる。
微妙にうわずるイントネーションが、とても愛らしく、真剣に話を聞くほど
自分もそれに近づきそうになるだけど、電話を切ってから真似しようとすると
どうも似てない。
独特なニュアンスだせない。

先日みたAllways続・三丁目の夕日のろくちゃんのような東北弁を少し軽くした
感じなのだけれど、真似できない。
関西で聞く、そんな方言の響きが妙に心地よく新鮮だった電話でした。
あ。
ちゃんと話は進めて、工事日程もきまりましたから。

もー1回ききたいわー

| | コメント (0)

【詩】 ありがとう、と

口にする
たった五文字の感謝の言葉。
口にした人も、受け止める人も
少し柔らかくなれる言葉
そして
あまり意識されていないことだけど
ありがとうはひとつの終わりを示す言葉
ありがとうの先には一つのことが終息したことを
意味している

ありがとう
じゃあ
また

ありがとうを間に挟んで
僕は人と人との間を気持ちよく歩いて行きたい

| | コメント (0)

こつこつと

長い時間をかけて、正しいことを続けていけば
必ず人は見ていてくれているんだなと、感じます。
自分自身に対しては、半信半疑だったけれど
まげず、切れずに黙々と歩いたその先には「信頼」というものが
ついてくるようです。
人と人の中での信頼。一番心強いエネルギー。
そして一瞬でも裏切ったら一気に崩れ去る危うい「力」。
一度でも失った信頼は、取り戻すのに何倍もの時間が必要ですから。

何かをできていたという実感はありませんが
ここへ来て、再び色々動き出しそうです。
復活はイブかしら。さぁ、何でどうするかはまだ秘密ですが。
またお知らせします。
’08の3月には写真展もありそうです。
どれも、細々と身内の範囲内でのことですが、なんだかその中で
あちこちに居場所を空けておいてくれる人たちに囲まれいるようで
やはり幸せです。
湿っぽい話ですが、いい仲間いい人たちに囲まれて生きていられています。
「信頼」を裏切らないよう、日々を過ごしていきたいと
思います。

| | コメント (0)

いろいろ

書きたいことはたくさんありますが、
明日ぐらいからネット断線です。
いよいよ火曜日引っ越しで、開通は30日ぐらいかな。
しばらく消えますが、元気ですので。

いつもカレンダーがぶら下がっていた場所を無意識に観るたびに
あっ!となっている僕です。
習慣って恐ろしいですね。
皆さんも、いつものカレンダー、いつもの時計の位置を変えてみてください
同じ気持ち味わえます(笑)
ではまたまたー

| | コメント (0)

突っ込みどころ満載

そんな町です。
昭和の香りがリアルタイムで流れています。長屋やら不思議な銭湯やら30円の商品を売ってる自販機やら。
不思議満載。

引っ越し完了しました。楽しい町で暮らして行きます。

| | コメント (2)

三号棟の林です

昼間、ピンポーン♪とチャイムを鳴らし
ドアの向こうにおばちゃんが立っていた。
郵便物が間違って入っていたのを届けに来てくれたらしい。
うち501号室。
そのおばちゃん二号棟の501号室の林さん。
あー・・・なんか知らんけど、ごめんって思った。
引っ越してきて、ごめん。
これからもよろしく。


今日ネットも開通しました。
引っ越し関連完全に終了。
快適団地生活スタートです。
遊びにおいでよ。

| | コメント (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »