« 熱帯性低気圧 | トップページ | 街が恐い »

こころのなか

思いを巡らせつつ、母に勧められて観た。
映画の「男はつらいよ」29作目。
舞台は京都の葵祭頃と丹後半島。
この作品は全体の中で分岐点らしい。
渥美さんはこのころから体調を崩していたようで
ロケ先では点滴を打ちながらの撮影だったらしい。
元気な寅さん、というより無駄な演技のない寅さん。
そして、台詞少なめの全体的にトーンは暗い、切ない物語。
笑いの要素は少なめ。
でも心の奥底に伝わるいくつもの感情とそれを表現する
映像の雰囲気。
どこをとっても最近見た映画の中で、こんなにもせつない
物語、なかったな。
歳をとると理解できるものが増えていくことは
幸せですね。

|

« 熱帯性低気圧 | トップページ | 街が恐い »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 熱帯性低気圧 | トップページ | 街が恐い »