« 中指の先 | トップページ | 明後日は »

会話の記憶

「会話の記憶」する力が衰えている。

一、二年前であれば
この話題は、この人には話したことがある
こちらの話題は話していない
だからあの話題を振ろう

そんな選択が瞬時にできた。
最近、そこが危うい。

いまでも同じように、頭の中で
この人には「先週の週末、○○へ行ったときの話」したっけ?
と考えてから口に出すようにしている。

「それ、この間も聞いたよ」って言われると嫌なのだ。
あっ!ごめん! ってなる。
逆に、自分がそういう場面に出くわすと、
どうやって初めて聴いたそぶりをするか考えるのだが
そんなときに限って、以前聞いたときと同じ反応の言葉を
発したりして、自分にがっかりする(笑)
条件反射じゃん、これ。
裏を返せば反応がワンパターンな自分。
いかんなぁ。

酔ったときは、特に何をしゃべったかわからないことになっているので
危ない。
いい話をしているときもあるのに、すっかり失っていたりする。
まぁ、確かにその「いい話」の瞬間は、そこに浸っているので
あぁしよう、こうしよう、と脳は考えているのでいいのだが。

こんな日記みたいの書いていても、以前に同じような内容を書いていたか
あやふやなときもあるが、数年経っての同じ内容ならば
一貫して気になっているテーマとしてありとしようと思うので
まぁ、これでいいのだ。

|

« 中指の先 | トップページ | 明後日は »

メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中指の先 | トップページ | 明後日は »