« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

「あと一本吸ってもいい?」

煙草のけむりは
あまり好きじゃない
でも好きなあなたの食後の最後の一本は好き
私の目で見られる あなたと居られる時間
少しずつ
けむりになって溶けていく
まだ半分以上ある
急がなくていいよ
ゆっくり吸って
あなたと居られる
私の一番幸せな時間


Kemuri


| | コメント (0)

好きなこと

直すこと
治すこと
整えること
掃除すること

形ある物を、元に戻すことや
状態を戻してあげることが全般的に好きなこと

創造することは
難しい
でも
心の底からでてきたものは
やはり 愛おしい。
割合は8:2ぐらいで
やっぱり直すこと全般が好きなことのようだ。

| | コメント (0)

世界

小学生のあの頃
通学路が 世界の全てだった
決められた道
上級生に連れられて 登校班で歩いた道
あの四つ角を直進すれば 早く帰れるかもしれない
でも
道を外れることはしなかった
そこにある道を歩くことが最も安全で
何の波風も立てないこと

ある日 僕は歩道橋を無視した
学校を出てすぐにある歩道橋
必ず渡らなくてはいけない歩道橋
直進した先は 未知の世界
歩道橋の二分の一の早さで渡れる
横断歩道があった
ドキドキした
誰かに見られているかもしれない
僕はついに不良になったのだ
通学路をはずれ自分だけの帰り道を作りだした
外の世界は案外おとなしく
普通だった
世界は自分次第だった

大人になった僕は 回り道を覚えた
世界は広く 常に変化している
同じ道でも 二度歩いてみよう
いつもの道も 一つ手前で曲がってみよう

道はあの日と同じ
僕の「思うがまま」だ

| | コメント (0)

人と人は

瞬間の奇跡を
逃したくない
心の閃きも瞬間の芸術
駄作も良作も分からない
書き、
解き放った後に
評価が付いてくる
自分自身の言葉に
!をもらったり
?を浮かべたり
でも
そのことばを放った瞬間に嘘、偽りはない
だから僕は書く
誰のためでもなく
瞬間を生きてる
今を書く

| | コメント (0)

尊敬できる人は?
迷わず両親
昔は照れくさかったかもしれないけど今は断言できる
同性として興味深いのは父。
歳を重ねるほどに似通ってくるから気持ち悪いぐらい気持ちいい
仕草
表情
姿勢
笑い声
あー、この人の息子なんだ100%確実に、な瞬間。

今だから分かる彼の気持ち。まだはかりしれない彼の気持ち。
あると思う。
歳を重ね、毎日鏡をみるたびに内なる父と会話する日々が増えるのだろう。

| | コメント (0)

素敵だね

素敵だね
上手だね

シンプルだけど
人の心を動かすのに十分過ぎる力のある言葉
人には色んなタイプがあるけれど
僕は誉められて上向きになれる人間

自分の為に何かをすることはできない
想像の先にあなたの顔が見える
だから
また一日、今日を頑張ってみようと思う

| | コメント (0)

たまには

どーでもいいような話題を。

よく見ているデイリーポータルの先週の記事
ここまで入念に実験をしてくれると、生活の上での考え方も
変わってくる。
コレ、洗剤量と洗濯力の実験ですけど大事ですね。
今日から洗剤量、少なめにして経済的にも環境的にも
+していこうと思います・・・

| | コメント (0)

わたし

わたし 食べれるよ。
あむあむと動く口。
ゆっくり ゆっくり
かみしめて ご飯を食べる女の子。
お母さんと同じお弁当を眼のまえにしてる。

足をぷるぷら
口をあむあむ
かわいい背中から 今日
また新しく大きく成長していく様が見える。

君は名古屋で新幹線に
乗ってきた。
僕は大阪で降りるけど
あと一口だ。
いいペース。
神戸に着いたらご馳走さまを言おうね。

| | コメント (0)

幸せな時間

幸せな時間は
あとになって気づく
その時は夢中すぎて
気づけなかった
むしろ
辛いこと嫌なことに
愚痴さえもらしていた
過ぎ去って気づく「あの」時間の価値
二度と戻れない

「今」もそのはず
「今」がそれのはず

生きてきて今が一番幸せ。
それが口癖の君のように
僕も今を生きたい

Nya_1


| | コメント (2)

来月は中津です。

このところ集中的に詩をためこんできましたが
来月4月は、中津にある☆印で共同写真展やります。
もうひとかたは、店長のしんごさん。
彼の写真もとても素敵ですが、今回は同じように彼も
自分の写真にいくつか詩をのせて展示する予定です。
というわけで、僕もいくつか新作を加えつつ
挑もうと思っております。
過去の作品はだいたい右の詩集のコーナーにまとめました。
新しく書いた物も随時追加してます。
基本的にネットで見られる物と同じですが
見る環境によって受け取り方が違ったりするので
ぜひぜひお時間ある方は4月3日以降、中津へお越し下さい。

| | コメント (0)

トイレにも

神様がいるんだよ。
だから便器につばを吐きかけては
神様につばを吐くのと一緒
と、母に教わりました。

女性は知らないけど
男子便所で用をたしていると
よく見る光景です。
注意はできないけど、見るたびに
「あ~ぁ」と思います。
つばを吐きたいなら洗面台へ。
用をたすなら便器へ。
本来の勤めだけ果たしてもらえば
心はなえません。
なんとなく今日思ったこと。

なり。

| | コメント (2)

詩集

右に二つ追加。

| | コメント (0)

最近になって

人物の写真を撮りたいと強く思うようになってきました。
先日、出会った写真家との思いもありますが。

今までは風景、特に光りの加減に反応してシャッターを切って
来ましたが、どうしても人物というのは敬遠してきました。
恐くて向かえなかったのかも。
今は向き合ってみたい。
でも、なかなかシャッターの前にたってくれる人はいないですね。
自分でも撮ってみますか。
幅、広げたいみたいです。

| | コメント (0)

バーテンします。

友人の助手で入ります。
日程3月31日です。

CAVE
大阪市西区北堀江1-11-9、5F

<行き方>
地下鉄四つ橋線四ツ橋駅6番出口から
四つ橋沿いに北に上がって
一個目の信号を左折。(新興産ビルの角)
まっすぐ行って北堀江病院を越えたら
TAC MATEというコンビニみたいなのがあるので
そこまで行かないで、その手前のビルの
階段を5階までかけあがったら
そこがBar CAVEです。

地下鉄長堀鶴見緑地線西大橋駅からだったら
4番出口をでて長堀通を右に行って
一つめの筋を右に曲がってまっすぐ行くと
TAC MATEというコンビニみたいなのがあるので
そこを左に曲がって一個目の右手のビルの
階段を5階までかけあがったら
そこがBar CAVEです。

| | コメント (0)

ドアを開けて

家人を見送る。
いってらっしゃい、と。
幼い日、そうやって母と一緒に父を見送った。
必ず父の足音が遠く聞こえなくなるまで
鍵はかけなかった。
「家を出て、すぐ後ろで鍵がかかる音がしたら嫌でしょ」
母は言った。
何気ないこと、何でもないこと。でも大事なこと。
教わった。

たまに僕が実家へ帰り、また家を出るとき
母は姿が見えなくなるまで見送ってくれる。
照れくさいけど、嬉しい。
ふと後ろを振り返って、まだそこに顔がある。
何よりの安心感。
それだけで満足。

| | コメント (2)

謎のいいつけ

母が叔母から言われていたこと。

「服は洗濯して乾いたやつをそのまま着るな。
着るままにたたむ。もしくはたたむ真似をしてから着ること」

ある日、母になぜそうするのか聞いたが
母も分からないと。
夜に口笛吹くな。
夜に梅干し食べるな。
そういうのの類だろうけど、今となってはなんだか分からない。
でも、未だにしてます。たたむ真似。
誰か知っている人。教えてください。

| | コメント (0)

道をよく聞かれる。
親しみやすいのか
気の抜けた顔をしているのか。
六本木では外国人に。
扇町では就職活動中の女子大生に。

わりとつまらなそうな顔をして
イヤホンで音楽聴きながら歩いていたりするのに。
性分でしょう、か。

| | コメント (2)

お彼岸なので

ぼたもち。
Desk_1
作りました。
昨年沖縄で買ってきたアメリカ産金時豆500gを使っての試み。
普段は、小豆です。
サイズ全然違います。
Mame_size
味は、普通の小豆よりも豆クサい感じ。
なかなか香ばしい。
ビールで言うなら黒ビール風。

過去最高の40個。
でも、いままでは特大サイズで二個食べたら腹一杯な
ヴォリュームだったので、あえてお菓子サイズで作りました。
かねてより周囲から要望の強かった
きな粉版も初挑戦。

我が家は幼少期より、ぼたもちと醤油ラーメンの組み合わせで
晩ご飯なので、本日も例に漏れず黄金メニュー。
ラーメンは生麺を買ってきて調理しただけですが。
Lamen

きょうも美味しく
ごちそうさまでした。

| | コメント (0)

頂きました。

感謝。
好きなキリンにのった私たち。
笑った。
嬉しいです。
こんな芸当してくれる友達。
さんきゅう。
Newkirin


| | コメント (2)

あと一息

2005年の12月に買ったシクラメン。
鉢。

一度枯れて
何もなくなって
去年の秋ぐらいから再び水をやり始めて
ようやく葉っぱが生い茂ってきた。
でも2006年の12月にはとうとう花びらを
つけるに至らなかった。
一年の誕生日だったのに。
めげずに水をやり
少しの時間でも太陽に当てて
ふと最近見たら、こんな感じ。
Si

あと一息。

| | コメント (0)

この空気のにおい

好きです。
ようやく春らしくなってきましたね。
昼は柔らかい日差し。
夜の空気はどことなく、ゆるやなか空気。
今日は少し湿気っぽい。
明日は雨かな。
三寒四温。
雨の数だけ、暖かさは少しずつ増していく。

明日は金沢。
行ってきます。

S032307


| | コメント (0)

生きてます

もう終わりかと思いましたが。
金沢市のアパホテル8階は横にぐりんぐりんしてました。

テレビのカメラマンのプロ根性には敬服します。みんな避難しようとしているのに重いカメラ担いで必死に撮影しようとしてました。

| | コメント (6)

咲いた

祝。
0327

でも
Tubomi

つぼみ時代の方が可愛い気もする。

鉢の花って
買ってきたときより
一度散って、一年経ってから咲いたときの色合いの方が
自然で綺麗な気がする。
こんな淡い色ではなかったような。
でもこちらの方が柔らかくて
好みの色。
頑張って咲いてくれてありがとう。

| | コメント (0)

明日は福岡

ひさしぶりの西の土地です。
今度は天災、起きませんように。

東京も
大阪も
実はいつ地震が来てもおかしくない状態なんですよね。
でも、震度六以上を体験すると
どうにもならないときはどうにもならない
という気持ちにもなりました。
備えること。大事です。でも無力。
諦めるというのとは違うけれど
自然の力というのには、到底かなわない。
だからこそ、一日一日
今を後悔無く、選んで、行動して、いこう。
そんな気になりました。

| | コメント (0)

3月31日

以前の日記にも書いていますが
バーテンします。
友人の助手で入ります。

CAVE
大阪市西区北堀江1-11-9、5F

<行き方>
地下鉄四つ橋線四ツ橋駅6番出口から
四つ橋沿いに北に上がって
一個目の信号を左折。(新興産ビルの角)
まっすぐ行って北堀江病院を越えたら
TAC MATEというコンビニみたいなのがあるので
そこまで行かないで、その手前のビルの
階段を5階までかけあがったら
そこがBar CAVEです。

| | コメント (0)

4月3日より

大阪・中津にて写真と詩展
やります。
お店はこちら

会期は未定。
ゆるりとしてます。
共同開催で店のマスターの写真と詩展も行います。
そちらも楽しみな内容。
ぜひお越し下さい。

| | コメント (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »